2014年1月 のアーカイブ | 【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム~肩痛を治す方法~

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムの良くある質問について(3)

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・野球肩・腱板損傷など幅広く対応~

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・野球肩・腱板損傷など幅広く対応~

 
 
スポーツや事故による、肩や腱板の損傷も改善できますか?

はい、可能です。DVDでは、損傷直後の対処法とともに、過去の損傷の後遺症として痛みを引きずっている場合の、対処法の2種類を紹介しています。

具体的には、野球肩・水泳肩・ゴルフ肩・腱板炎・インピンジメント症候群衝突症候群・腱板損傷・腱板断裂の全てに対応しています。

ただし、重症の場合は手術の適応も考えられますので、まずは整形外科で画像診断を受けていただき、保存療法で治療をする場合にのみ、私のエクササイズを実践ください。

医者から手術を勧められている様な状態ですが、効果はありますか?

もちろん効果はあります。私がこれまで、10年間で10万人以上の痛みを解決してきた経験から言うと手術以外に解決策がない様な重い肩の痛みは、全体の数%程度です。

にもかかわらず、肩の痛みに対してレントゲンやMRI検査で関節や腱板に異常が見つかり、ある程度の期間、薬物などによる保存療法で効果がないという事になると「手術をしますか?それともしばらく様子を見ますか?」という話になるのは整形外科では、それ以外に対処する方法がないからというのが実情です。

ですので、手術を決断する前に私が提案する方法を実践してみてはいかがでしょうか。

それから判断をされても、決して遅くはないかと思います。

このプログラムは、性別・年齢などで制限がありますか?

いいえ、どなたでも有効なプログラムとなります。

このプログラムは、体力が無い方でも無理なく出来る様な、簡単なトレーニングとなっています。

実際に、私のお客様でも男性女性関係なく効果を確認しています。

最近増えている、働く女性や・妊娠中の方・主婦の方にもぜひ積極的に取り組んでいただきたいと思っています。

年齢も、小学生低学年からご高齢の方まで、体がある程度動く方は、全員安心して取り組んで頂く事が出来ます。
 
 
>>【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムの良くある質問について(2)

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・野球肩・腱板損傷など幅広く対応~

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・野球肩・腱板損傷など幅広く対応~

 
 
ビタミン剤、グルコサミンや、コンドロイチン等のサプリメントで治りませんか?

私の所に、肩のこりや痛みで治療に訪れる人からも良く頂くご質問です。

お話しを伺うと、結構な割合で長年サプリメントを飲まれている方が多いです。

ですが、結論から言いますと私の所に治療に来られるという事からも分かる通りサプリメント単独で、肩の痛みを根本的に治すというのはかなり難しいと言えます。

とはいえ、成分としては軟骨や靭帯の弾力を増したり、関節を強化することは可能ですので、補助的な役割として継続されてはいかがでしょうか。

あくあまで、主軸とするのは適切なセルフケアによる根本治療です。

ヒアルロン酸やステロイド注射で、肩の痛みは完治しないのですか?

注射だけで肩の痛みが完治することは、残念ながらほとんどありません。

効果がある方は、最大で数か月持続しますが、両者とも投与には回数制限がある為、残念ながら対症療法の一種となります。

どうしても我慢できない痛みの時には、極度のストレスと苦痛を避けるためにも実施する事は必要だと思いますが、それのみで完治を目指そうとしても、注射後時間が経てば、痛みが戻ってきます。

ですので、効果がある間に根本的な治療を並行して進める事を、強くお勧めします。

肩の痛みは老化現象で仕方がないと思っていましたが・・・

もしかしたら、サプリメントのCMのイメージがそう思わせるのかもしれませんね。

確かに、年齢とともに肩関節を構成している腱や靭帯、骨や筋肉が亀裂を起こしそれが炎症となって、痛みとして現れる事が多いのは事実です。

しかし、肩のこり・痛み=老化現象という固定概念は誤りです。

実際には、ご高齢の方で肩関節が衰えていても、歪みが少なく姿勢の良い方は肩を痛める事なく、元気に活動している方はたくさんいます。

ですので、今日から「自分は歳だから・・・」と諦めるのは終わりにしましょう。
 
 
>>【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムの良くある質問について(1)

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・野球肩・腱板損傷など幅広く対応~

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・野球肩・腱板損傷など幅広く対応~

 
 
【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム ~四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・野球肩・腱板損傷など幅広く対応~

肩の痛みにも色々なタイプがあると思いますが、どんな症状に有効ですか?

はい、一口に肩の痛みと言っても、肩こり・四十肩五十肩・肩関節周囲炎・上腕二頭筋腱炎・上腕二頭筋長頭腱炎・野球肩・水泳肩・ゴルフ肩・腱板炎・インピンジメント症候群・衝突症候群・腱板損傷・腱板断裂・肩峰下滑液包炎・・石灰沈着性腱板炎・デュプレー病・胸郭出口症候群といった様々な名称が付いています。

このプログラムでは、上記全てに有効となっていますし、他に類を見ない肩の痛みに特化をした専用のトレーニング法となります。

ただし、全体の数%以下の関節リウマチ・狭心症・心筋梗塞・高血圧・膵臓炎や悪性腫瘍(ガン)・脊髄腫瘍等が原因による肩の痛みは対象外となります。

もし「こういった状態でも改善可能ですか?」というご質問がありましたら、遠慮なくご連絡くださいませ。

肩のこりや痛みに加えて、他の部分も痛むのですが・・・

私が整骨院で肩の治療してきた経験から言っても、長年肩の痛みを訴える人の80~90%程度の方は、他の部位の痛みも抱えています。

理由は痛みの根本原因である骨盤の歪みや姿勢の悪化の影響が、肩だけでなく、別の部位にも及んでいるためです。

そこでこのプログラムでは、肩の痛みに悩む人が抱えている体の不具合を同時に取り除くことが出来る様に、内容を設計しています。

具体的には、以下の症状改善のための専用トレーニングも盛り込んでいます。

【適応症状一覧】
頭痛、首のこりや痛み、肩甲骨周辺の痛み、背中のこりや痛み、腰痛、手首の痛み、眼精疲労、めまい・吐き気、全身倦怠感、慢性疲労等

レントゲン・MRI検査でも異常が見当たらない私にも有効ですか?

はい、有効です。簡単に言うと肩のこりや痛みの原因は大きくは2つのパターンがあります。

1つは、長年の姿勢の悪化や筋力の衰え、骨盤のズレが原因で肩の関節や腱板、筋肉に炎症を起こしており大部分は、こちらに該当いたします。

もう1つは、野球やテニス、水泳等のスポーツ・肉体労働で、肩を酷使しすぎたケースや交通事故や外傷等で、肩を痛めた経歴がある場合です。

前者の初期症状においては、整形外科等で検査をしても、「特に異常がありませんね」と言われる事もあり、“関節炎”という便宜的な症状名の診断のもと、とりあえず飲み薬や湿布といった消炎剤が処方される事が多いのです。
 
 
>>【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム~肩痛を治す方法~ TOP » 2014年1月 のアーカイブ